超危険!投資やFXの「自己奉仕バイアス」とは?解説とその対策!

超危険!投資やFXの「自己奉仕バイアス」とは?解説とその対策!

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

自己奉仕バイアスとは?

勝った時は天狗になって、負けた時は相場のせいにしてしまう人は自分の成功を、自分の力のおかげだと感じ、逆に失敗を人や環境のせいにしてしまうという性質があり、これを自己奉仕バイアスと言います。

自己奉仕バイアスは、特に投資家によく見られるもので、投資の売買判断が上手くいった時には、自分の判断が正しかったと考え、逆だった時には相場や環境のせいにしてしまう心理現象です。「成功したのは運が良かったから。失敗したのは自分の実力不足」誰の言葉だったかは覚えていませんが、スポーツ選手の言葉だったと思います。

私が相場に臨む上で、大切にしている言葉のひとつです。このように考えることで、上手くいっても天狗にならず、上手くいかなかった時は反省や検証をして、次回に活かせるようになります。投資に限らず、ビジネスでも人間関係でも、全てに通ずると思っています。

勝ちトレードを集めて、勝ちパターンを頭に叩き込むことも、相場で勝つためには有効かもしれません。しかし、それ以上に負けトレードに対して、ひとつひとつ丁寧に反省と検証をする方が、長く生き残るためには必要なことだと思います。投資の世界において、長く生き残ることは、より多くの利益を手にすることと同義に近いのです。私たち投資家には、大きな失敗は許されません。

大きな失敗をする前に、小さな失敗から、ひとつでも多くのことを学ぶ習慣をつけると良いでしょう。