投資・FXにおける「ピークエンドの法則」とは?これを知っておけば、FXで失敗しない!

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

「ピークエンドの法則」とは?

ピークエンドの法則とは、自分自身の過去の経験を、そのピーク(絶頂)時の感情ばかりを記憶して、印象に残すという心理現象です。

恋愛心理などでもよく使われる心理学で、例えば女性とデートをした時に、デート自体はそれほど面白くなかったとしても、最後に相手がびっくりするようなサプライズを用意することで、デート全体の印象を最後のサプライズの印象に塗り替えてしまう、というようなものです。

ピーク(絶頂)時は嬉しい瞬間だけではなく、怒りや悲しみなどネガティブな感情でも、同じように全体の印象を塗り替えます。では、このピークエンドの法則はどのように投資に関係しているのでしょうか?

投資をする上で一番感情が高まるのは、ほとんどは利確の時か損切りの時でしょう。場合によっては、エントリー時かもしれません。

「○○円儲かった」「○○円損した」「○○Pipsとれた」などで、気持ちが上がったり下がったりするのは、誰もが経験しているはずです。ですが、投資をしていく上で、結果ももちろん大切ですが、その過程も重要な事です。損切りになってしまった場合は、どういった要素があって、自分の思惑通りに進まなかったのか。

利確できた場合には、もっと良い利確ポイントはなかったか、道中にどのような動き方をしていたのかなど、ひとつの売買から学べることは多数あります。もちろん、次回の売買時に同じような動きをするとは限りません。それでも、過程に目を向けて、しっかりと検証と反省をすることは大切なのです。やれば必ず勝てるようになるとは言えませんが、それでも勝っている人たちは、何らかの形でしっかりと過去を振り返ります。過程にも拘るからこそ結果が出るのだと、私は思っています。