【FX】5つの経済指標

  • 2021年1月5日
  • 2021年1月5日
  • 投資, FX

経済指標

今回はFX初心者がチェックすべき5つの重要経済指標について話をします。

為替は24時間トレードができるといってもよく動いているときとほとんど動かないときなどさまざまあります。

始めてFXにチャレンジする場合大きく動いているような時は難易度が高くその時にエントリーしてしまう。とFXはとても難しいとなってしまうので値動きの小さめな時に始めるのがいいです。

値動きの少ないといい誰がレートの動きや注文を確認しながらゆっくりトレードできます。

また万が一回買いと売りを間違ってしまっても最小限の損失ですみます。

ところがもしバーゲットの大きく動いているときにFXデビューしてしまうとものすごいスピードで含み損が増えてしまうことがありますから注意してください。

アメリカの雇用統計は予想158万人に対し結果176点3万人と予想を上回っていましたから売りから入る
という選択肢自体無いのですが何も知らない信頼トレーダーだとなりが起きているのか分からないというか

FXはこういうものだと思ってしまうかもし言えません。

むしろこの時間帯は避けるべき場合も多いですから初心者の方はこういった時間帯を避けたほうが無難です。

このアメリカの雇用統計のような発表経済式を発表と言って色んな国が定期的に発表しているので全部で数百以上あります自分がトレードしている国の通貨の経済紙この発表が重要なのはもちろんなのですがたくさんあり経済資金をすべてチェックしていては時間がいくらあっても足りないですし精神的にもきついです。

経済指標には重要度があって重要度が否定と為替レートはほとんど動かないのでそういった経済指標は無視してもいいと思います。

逆に先ほどのアメリカの米雇用光景のように数分から数十分一気にロスカットを巻き込むような動きを見せる経済指標がありますから今回はこのような注意すべき重要経済身を発表5つ紹介します

値動きの大きい順にランキング旧式でぽいまで見ていきますのでFX初心者の方はチェックして警戒していただくと共に値幅が取れる場面でもあります。

慣れてきたら少ないロット数でお試してみるのもありかなと思っています。

1つ目

まず値動きの一番大きい系雑誌ん発表れ重要なものは政策金利発表です通貨の政策金利が上がればその通過は上昇しやすくなりますし逆に下がってしまうと売られやすくなります。

PU期間の金利に直接駅多いを押しますしFXでもスワップポイントの金額に関わってきますのでのチェックです。

特にアメリカの政策金利の動向は注目度が高くドルの場合は世界経済全体に影響を及ぼしているまでテクニカル分析以上に重要な事項となっています。

通常は一定で変動させることはあまりないのですが一度動くと続けて調整して抵抗があるため継続した流れができやすいのが特徴です。

米政策金利は年8回約6週間ごとに発表ヨーロッパとイギリスま政策金利は毎月上旬オーストラリアの政策金利はま毎月第1火曜日に発表されます。

政策金利の推移は外為のふとコムの政策金利一覧が一番見やすいです。

家にグラフがあってっ下には通知で票が作成されています

通貨も高金利通貨だけでなく新興国通貨まであります

2つ目

2番目値動きが大きいのは最初に話をしたアメリカの雇用統計毎月第1金日に米労働省が先月分を発表しています

他国の雇用統計もある程度重要なのですが日本のように発表されても為替がほぼ動かない時もありますからFX社初心者はアメリカの雇用統計だけでいいと思います。

3つ目

続いて三番日はGDP速報値GDPが良好であれば株高となって金利は上昇悪化していれば株安で金利は低下します。

アメリカのGDP速報は1月4月7月10月下旬に四半期機群へ晴れます速報値

正式に決定されたポーチが発表されるのですが痩躯放置といっ帰りしていなければ特に問題ないです。

GDP速報値もメインはメリカたまに日本が悪い意味で注目されます。

日本のGDPは先進国の中でも悪い方なのでこのままだと伊豆で第4位のドイツに泣かれるのではないかとの意見も出始めています。

また日本のGDPに関しては悪い数字が見てくると曰くなるから円安かなと思うのですが数が売られると円が強くなって円高になるのでこれだけで円の動きを予想するのは難しいです。

4つ目

4番目は売売上高季節的な変動があるので2ヶ月愛理の流れを確認する必要ありますが景気の良し悪しを一番実感できる指標です。

これもやはりアメリカの小売り売上高が重要で毎月第2週に発表されます。

小売売上高に関してはイギリスの小売り利上げ高とかや本土影響しやすいように思えます。

日本の小売売上高はもう悪すぎて何も言えない状態で日本株なんか買える状態ではないんですが

今の所は史上最高値を更新しているアメリカの株につれ高となっています。

5つ目

そして5番目CPIとTPIは消費者物価指数TPIは製造業昔数で物価が上がったか下がったかを表すインフレ指標です。

インフレであれば金利上昇へデフレ傾向であれば金利低下となります。

これは各通貨ごとに政策金利の動向に影響を及ぼします。

のでアメリカ以外のCPIとTPIやが見ておいた方がいいです。

アメリカの米CPIとTPIは毎月15日前後ヨーロッパの死以来は毎月上旬イギリスのCPIは毎月中旬オーストラリアは1月4月7月10月下旬に発表されます。

まとめ

これまで来てきた重要経済指標発表の活用スケジュールは外為ドットコムやマネーパートナーズの経済指標発表一覧みん株FXの計算指標で普通にできます。

特にみんかぶ Fxはデータが豊富で発表時間や前回値予想値に加え過去数年分のデータグラフがに見れますので水を分析するときに重宝します。

重要度高い指標には簡単な解説も聞いていますここまで重要度が高い系雑誌を5つ紹介してきましたが
他にのADP雇用統計やISM非製造業景気指数など重要度が高めの経済市況もありますのでトレードに慣れて輸入が出てきたら確認するようにしてみてください。