FXを始めるなら、is6で!「内集団バイアス」とは?

FXを始めるなら覚えておくべき、「内集団バイアス」とは?

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

「内集団バイアス」とは??

 

自分で考えず、著名人のオススメした通貨や銘柄を買ってしまう自分が所属している集団には好意的な態度をとり、その他の集団には反対の態度をとる心理現象を、内集団バイアスと言います。内集団ひいきとも呼ばれます。

ツイッターなどではよく見る光景ですが、「この銘柄が買い」「ドル円ロングしました」などの投稿で、元々その気はなかったのに、自分もその気になって売買をしてしまう人がいます。あなたは思い当たる節はないでしょうか?

私の場合、当時師事していた人が、チャートを見て「ポン円下がりそうだな」と言ったのを聞いて、自分でまともに吟味もせずに、ポンド円のロングを入れたことがあります。

その結果は、エントリーしたポジションは損切りになり、トレードに対して反省しようにも根拠がろくにわからない状態なので、負けから得るものは何もなく、ただただ資金を失うだけ、というものでした。それ以来、人に意見を参考にするにしても、必ず自分でしっかりと精査をしてからトレードをするようになりました。(当たり前のことですが、当時はできていませんでした・・・)

確証バイアスには、自分で考える癖がない、自己評価が低い、差別的発言が多い、などの人に働きやすい、という特徴があります。大きな損失を出した後などは、人の意見で売買をしてしまう可能性が高くなるので、十分注意をしてください。投資は負けないのが一番ですが、負けるにしても意味のある負けでなくてはいけません。他人の意見での投資は、売買の意思決定への反省しかできず、何ひとつ得るものがないのですから。