目立つ情報にだけしか目がいかない「ハロー効果」の詳しい解説!

投資やFXで使う、目立つ情報にだけしか目がいかない「ハロー効果」の詳しい解説!

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

「ハロー効果」とは?

 

ハロー効果とは、社会心理学の現象で、何か特定の目立つ情報に囚われて、他の情報への評価が歪められることを言います。

もう少しわかりやすく説明すると、ある大きな情報のみで評価をしてしまい、他の本来考慮すべき情報を考えなくなってしまうということです。後光効果やハローエラーとも言います。投資に置き換えて説明をします。上昇相場の時に、大陽線が出たとします。

下降トレンドなら大陰線と考えてください。このことだけで売買判断は下せませんが、ハロー効果が影響して、更にトレンドが加速して上がる、もしくは下がるかも、という可能性だけに目が奪われてしまう場合を言います。ですが、実はこの大陽線や大陰線は、セリングクライマックスやバイイングクライマックスだったとしたら、まず間違いなくそのトレードは損失で終わるでしょう。

※バイイングクライマックス・・・最後の買い場を意味する。高値圏での出来高増加が特徴

※セリングクライマックス・・・最後の売り場を意味する。

安値圏での出来高増加が特徴この時、出来高なり他の指標などに目を向けていれば、別の判断ができた可能性もあるのですが、ハロー効果で最初に目についた目立つ情報に囚われてしまうと、このようなことになり得ます。ハロー効果のみならず、前述した代表性バイアス(一度そう思ってしまうと、別の考えを受け付けられないこと)も重なり、余計に正常な判断ができなくなってしまいます。

どうしても、目立つ部分に目が行ってしまうというのは、誰しも経験があるかと思います。良い方向に作用すればいいのですが、悪い方向に作用する可能性もあるので、相場を見る時は、常に他の人はどう見るか、という意識を持つよう心掛けていくのが良いでしょう。