投資・FXの偽の合意効果(=フォールス・コンセンサス効果)とは?

投資・FXの偽の合意効果(=フォールス・コンセンサス効果)とは?

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

偽の合意効果(=フォールス・コンセンサス効果)とは?

偽の合意効果(ぎのごういこうか)とは、自分の考えは正しく、他の投資家も同じように考えるだろうという、自分の思考を他人にも投影する心理効果です

他の人も自分と同じように考えるだろうと見なすもので、自分は多数派だと思う心理を言います。投資において、自分の目線が全てということは、まず有り得ません。市場参加者全ての考え方の結果として、現在の価格を形成します。すなわち、他者がどう考えるか、ということを常に意識しなければ勝ち残るのは難しいのです。買い相場の銘柄や通貨があった際に、ただトレンドに乗るだけではなくて、先に買った人がどこで利確をしたくなるだろう。

どこまで落ちたら、周りの市場参加者は上昇トレンドが終わったと判断するだろう。といったことを、自身の都合以外にも考えなければいけません。こういった目線を常に持つことによって、高値掴みや安値掴みをすることも、かなり減らせるでしょう。相場で勝つためには、時に他者の意見を全て受け入れることも必要なのです。

かといって、全ての判断を他人任せにしたり、自分に自信がなくても勝ち残ることは難しいでしょう。投資の世界で生き残るためには、自分への自信と、それが全てではないという認識の両方が必要不可欠となります。仏教用語に「中道」という言葉がありますが、投資の場合もやはり中道が最適なのです。

中道・・・対立または矛盾しあう両極端の立場を離れ、両極端のどれにも偏らない中正な立場を貫くこと