CATEGORY

FX

「情報バイアス」とは?トレードする際にかかるバイアスを知って、きちんと対処しよう!

「情報バイアス」とは? 情報は多ければ多いほどいいのか情報は多ければ多い方が、正しい判断ができると考えてしまうことを、情報バイアスと言います。 人は多くの情報を集めて正しい判断をしようとしますが、情報の過多は、迷いや混乱を引き起こし誤った判断をもたらすこともあります。投資においても同様で、集めた情報を全て正しく使いこなすことは難しいでしょう。 ひとつひとつの情報を正しく吟味できる場合を除いては、多 […]

投資やFXでは、「バーナム効果」に注意しよう!その対策!!

バーナム効果→どのようにもとれる情報でも、買いシグナルと思い込んでしまう 誰にでも当てはまるような一般的な情報でも、それがあたかも自分にだけ当てはまっているかのように錯覚することを、バーナム効果と言います。 投資に置き換えて考えると、複数の捉え方ができる情報でも、それが買いシグナルや売りシグナルだと思い込んでしまい、他の可能性を考えられなくなった時は、バーナム効果の影響を受けていると言えるでしょう […]

FXを始めるなら覚えておくべき、「内集団バイアス」とは?

「内集団バイアス」とは??   自分で考えず、著名人のオススメした通貨や銘柄を買ってしまう自分が所属している集団には好意的な態度をとり、その他の集団には反対の態度をとる心理現象を、内集団バイアスと言います。内集団ひいきとも呼ばれます。 ツイッターなどではよく見る光景ですが、「この銘柄が買い」「ドル円ロングしました」などの投稿で、元々その気はなかったのに、自分もその気になって売買をしてしま […]

投資・FXにおける「ピークエンドの法則」とは?これを知っておけば、FXで失敗しない!

「ピークエンドの法則」とは? ピークエンドの法則とは、自分自身の過去の経験を、そのピーク(絶頂)時の感情ばかりを記憶して、印象に残すという心理現象です。 恋愛心理などでもよく使われる心理学で、例えば女性とデートをした時に、デート自体はそれほど面白くなかったとしても、最後に相手がびっくりするようなサプライズを用意することで、デート全体の印象を最後のサプライズの印象に塗り替えてしまう、というようなもの […]

投資やFXで使う、目立つ情報にだけしか目がいかない「ハロー効果」の詳しい解説!

「ハロー効果」とは?   ハロー効果とは、社会心理学の現象で、何か特定の目立つ情報に囚われて、他の情報への評価が歪められることを言います。 もう少しわかりやすく説明すると、ある大きな情報のみで評価をしてしまい、他の本来考慮すべき情報を考えなくなってしまうということです。後光効果やハローエラーとも言います。投資に置き換えて説明をします。上昇相場の時に、大陽線が出たとします。 下降トレンドな […]

投資やFXで目の前の利益を最優先してしまう「現在志向バイアス」の対策法!

「現在志向バイアス」とは?   現在思考バイアスとは、先にある大きな未来の利益の方が大きかったとしても、、今確実に手にできる小さな利益利益を優先してしまう心理のことです。 例えば、半年後に100万円もらえるか、今すぐ50万円もらえるかという選択をしなければならない場合、多くの人は今確実にもらえる50万円を選びます。もちろん、その期間を時間的コストと計算して選ぶ人もいるでしょうが、多くの場 […]

超危険!投資やFXの「自己奉仕バイアス」とは?解説とその対策!

自己奉仕バイアスとは? 自勝った時は天狗になって、負けた時は相場のせいにしてしまう人は自分の成功を、自分の力のおかげだと感じ、逆に失敗を人や環境のせいにしてしまうという性質があり、これを自己奉仕バイアスと言います。 自己奉仕バイアスは、特に投資家によく見られるもので、投資の売買判断が上手くいった時には、自分の判断が正しかったと考え、逆だった時には相場や環境のせいにしてしまう心理現象です。「成功した […]

FXにおける、「代表的バイアス」とは?理解しないと、負け続けてしまう…!

投資・FXにおける「代表的バイアス」を理解しよう 代表性バイアスとは、一度そう思ってしまうと、別の考えを受け付けられず、一度あるべき姿を思い描いてしまうと、新しい情報がもたらされた後にも、最初に思い描いた姿やイメージが先行してしまい、考えを変えられないことを言います。 投資の場においては、ある銘柄や通貨の分析をして、「上がる」と一度思ってしまうと、その後に下がるべき新たな情報が出てきても、当初の「 […]

投資・FXの偽の合意効果(=フォールス・コンセンサス効果)とは?

偽の合意効果(=フォールス・コンセンサス効果)とは? 偽の合意効果(ぎのごういこうか)とは、自分の考えは正しく、他の投資家も同じように考えるだろうという、自分の思考を他人にも投影する心理効果です。 他の人も自分と同じように考えるだろうと見なすもので、自分は多数派だと思う心理を言います。投資において、自分の目線が全てということは、まず有り得ません。市場参加者全ての考え方の結果として、現在の価格を形成 […]

FXにおける「認知的不協和」の意味と、その対策について解説

認知的不協和→含み損を抱えているのに、当初予定したところで損切りができない 自分の持っているポジションで含み損を抱えてしまい、エントリーする前は「ここまでいったら損切りしよう」、と決めていたにも関わらず、損切りせずにホールドしてしまった経験はないでしょうか? 私はあります。このような時に働く心理現象を、認知的不協和と言います。認知的不協和とは、自身の中で矛盾する事実を抱えた状態、また、その時に不快 […]