投資やFXでは、「バーナム効果」に注意しよう!その対策!!

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

バーナム効果→どのようにもとれる情報でも、買いシグナルと思い込んでしまう

誰にでも当てはまるような一般的な情報でも、それがあたかも自分にだけ当てはまっているかのように錯覚することを、バーナム効果と言います。

投資に置き換えて考えると、複数の捉え方ができる情報でも、それが買いシグナルや売りシグナルだと思い込んでしまい、他の可能性を考えられなくなった時は、バーナム効果の影響を受けていると言えるでしょう。例えば、大きな陽線や陰線が出た時に、それがシグナルと思うこともあるかもしれません。

しかし、前に説明した、バイイングクライマックスやセリングクライマックスという可能性もあります。また、MACDでダイバージェンスが発生してトレンド転換だと思っていても、同時にヒドゥンダイバージェンスも発生していて、順張り派が新規で更に参入してくる局面かもしれません。

※ダイバージェンス・・・トレンド転換の予兆を示す逆張りのシグナル

※ヒドゥンダイバージェンス・・・トレンド継続の予兆を示す順張りのシグナル大切なのは、常に複数の見方がある(のではないか)

という目線を持つことです。

これまでにお伝えしてきた心理現象だけでも、人間は一度そうだと思ってしまうと、その考え方に囚わる傾向があるのがわかると思います。そして、投資においては、ひとつの考え方や見方に囚われてしまうことは、命取りになりかねません。自分のルールや手法を信じる固い信念と一緒に、それが絶対ではないという柔軟性も持ち続ける必要があります。

極論、100人の投資家がいたら、100通りの考え方や見方があるということを認識しておけば、損切りが遅れるということもなくなり、投資成績に大きなプラスとなるはずです。余談ですが、占いなどで、誰しもが該当するであろう性格などを言い当てられた時に、それが当たっていると思ってしまうのも、バーナム効果によるものだと言われています。