FXにおける、「代表的バイアス」とは?理解しないと、負け続けてしまう…!

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月26日
  • 投資, FX

投資・FXにおける「代表的バイアス」を理解しよう

代表性バイアスとは、一度そう思ってしまうと、別の考えを受け付けられず、一度あるべき姿を思い描いてしまうと、新しい情報がもたらされた後にも、最初に思い描いた姿やイメージが先行してしまい、考えを変えられないことを言います。

投資の場においては、ある銘柄や通貨の分析をして、「上がる」と一度思ってしまうと、その後に下がるべき新たな情報が出てきても、当初の「上がる」という思い込みは中々打ち消せない、といった形などで表れます。代表性バイアスを言い換えると、「思い込み」と言えるでしょう。勝ちが続いている時にも注意が必要です。

「勝ちが続く=自分の判断が正しい」という思い込みから、次の自分の判断は正しいと信じてしまい、その結果、損切りが遅れる、損切りをしなくて大きな被害が出てしまう、などの事態を引き起こします。判断が正しかったのは、あくまでも勝ったトレードでの話であって、次のトレードとの因果関係は、全くないということを自覚しなくてはいけません。

一度の負けで済めばいいのですが、その次のトレードでも、代表性バイアスによって思い込みが続いてしまうと、取り返しのつかない事態になりかねません。「自分は正しい」「前回の負けはたまたまだ」などと思い込み、レバレッジを上げたり、損切りを入れなかったりすれば、それだけで全財産を失うことすら有り得ます。

人間の脳は、インパクトのある出来事を強く記憶して、その記憶から次の行動を決める性質があります。この事を十分に理解して、常に前回のトレードとは切り離して、新たな気持ちでトレードに臨むようにしましょう