情報は機械的に判断する!

情報は機械的に判断しよう どのように買い時・売り時を判断するか?を考えてみましょう…と言いたいのですが、解説が不要なくらい、とてもシンプルです。 シンプルに低ければ買い、高ければ売る  これはもう、非常にシンプルな話ですが、日銀短観が長期的に見て、低ければ買い、高ければ買いません(売るor待つ)。これだけです。注意点があります。 必ず、30年程度の長期的なグラフで見てください。数年単位では、全体的 […]

年金崩壊は目の前!?「私設年金」を今のうちから…!

「私設年金」とは??? 代わりに活用できる「年金崩壊」が叫ばれる中、老後の生活を年金だけに頼ることは大きなリスクといえるでしょう。現在の日本は、4人に1人が65歳以上という「超高齢化社会」です。年金をもらう世代が増えれば、年金制度そのものが立ちゆかなくなる可能性もありますし、少なくとも、支給される年金額は徐々に減らされていくことになるでしょう。 特に今の若い世代には、深刻な問題で、現在の20~40 […]

あきらめなければ融資してくれる金融機関は見つかる

断られても諦めるな!! もし不動産会社から紹介してもらえなかった場合や融資を断られた場合は、自力で金融機関を探すことになります。 もしあなたがすでに会社や商売をしていて取引の実績があるなら、その銀行で申し込んだほうが話は有利に進みます。また、預金口座をもっていれば、その金融機関に話を持ち込んでもいいでしょう。 まったく縁もゆかりもない金融機関に行くよりは、話を聞いてもらいやすくなります。自分で融資 […]

「わがまま」と「人思い」どちらも重要な概念です。”No”と言える人間になろう!

NOと言えない枠を外すことができず、〝ここぞ〟の主張もできず、尚且つ人生に主体性がなくなっていくと、「NO」と言えない人になります。全て相手に委ねてしまうようになるのです。 返事をするときは、相槌を打ちながら「そうだよね」と共感することくらいしかしません。要するに、嫌われたくないという思いが強いため、人との争いを極端に拒んでしまうというわけです。特に、自分の親に対して「NO」と言えない人は、とても […]

来るべきチャンスをものにするために力を溜める時期もある。

仕事が取れなくて心が折れそうになるときは? 「仕事が取れなくて心が折れそうになる。」 文章コーチングを卒業した受講生からの言葉に、過去の自分を照らし合わせ、胸が熱くなりました。当時同じような状況で私も心が折れそうになっていました。なぜ自分ばかりこんな目に合わないといけないのか?誰かを責める気持ちばかりでした。今になって思えば、辛く苦しいことはギフトだと試練を与えてもらっていたんだと、独立起業した者 […]

「情報バイアス」とは?トレードする際にかかるバイアスを知って、きちんと対処しよう!

「情報バイアス」とは? 情報は多ければ多いほどいいのか情報は多ければ多い方が、正しい判断ができると考えてしまうことを、情報バイアスと言います。 人は多くの情報を集めて正しい判断をしようとしますが、情報の過多は、迷いや混乱を引き起こし誤った判断をもたらすこともあります。投資においても同様で、集めた情報を全て正しく使いこなすことは難しいでしょう。 ひとつひとつの情報を正しく吟味できる場合を除いては、多 […]

投資やFXでは、「バーナム効果」に注意しよう!その対策!!

バーナム効果→どのようにもとれる情報でも、買いシグナルと思い込んでしまう 誰にでも当てはまるような一般的な情報でも、それがあたかも自分にだけ当てはまっているかのように錯覚することを、バーナム効果と言います。 投資に置き換えて考えると、複数の捉え方ができる情報でも、それが買いシグナルや売りシグナルだと思い込んでしまい、他の可能性を考えられなくなった時は、バーナム効果の影響を受けていると言えるでしょう […]

FXを始めるなら覚えておくべき、「内集団バイアス」とは?

「内集団バイアス」とは??   自分で考えず、著名人のオススメした通貨や銘柄を買ってしまう自分が所属している集団には好意的な態度をとり、その他の集団には反対の態度をとる心理現象を、内集団バイアスと言います。内集団ひいきとも呼ばれます。 ツイッターなどではよく見る光景ですが、「この銘柄が買い」「ドル円ロングしました」などの投稿で、元々その気はなかったのに、自分もその気になって売買をしてしま […]

投資・FXにおける「ピークエンドの法則」とは?これを知っておけば、FXで失敗しない!

「ピークエンドの法則」とは? ピークエンドの法則とは、自分自身の過去の経験を、そのピーク(絶頂)時の感情ばかりを記憶して、印象に残すという心理現象です。 恋愛心理などでもよく使われる心理学で、例えば女性とデートをした時に、デート自体はそれほど面白くなかったとしても、最後に相手がびっくりするようなサプライズを用意することで、デート全体の印象を最後のサプライズの印象に塗り替えてしまう、というようなもの […]

不平等こそ真の平等

高校生の頃。私は早く大人になりたくて仕方がありませんでした。それは学校のある仕組みにずっと不満を持っていたから。学校と社会の大きな違い。あなたは何だと思いますか? 私は「平等」の考え方だと思っています。学校では私たちはクラスメイトと同じだけの学費を払って、同じような教育を受けます。もちろん、そこで勉強が得意な人と苦手な人。頑張る人と頑張らない人が出てきます。私は真面目に取り組むことが当たり前だと思 […]